10月もそろそろ終わりに近づいてきて、秋も深まってきましたね~。

秋と言えば、食欲の秋!・・・秋刀魚、栗、松茸、柿、梨・・・・などなど、秋の味覚はいろんな美味しい食べ物がありますが、僕はやっぱり「さつまいも」が1番ですね(^o^)

あの、甘くてホクホクした食感はほんと最高ですよね~焼きイモはもちろん、回転すしのデザートメニューにあるスイートポテトとかも大好きです(^o^)

スポンサーリンク

ちなみに、さつまいもの旬は9月~11月なんですが・・・実は、さつまいもには旬が2回あります!収穫したての9月~11月だけでなく、収穫の後2ヶ月ほど貯蔵して、水分を飛ばすと甘さが増して、さらにおいしくなるらしいんです!

この時期でも十分美味しいのに、まだ美味しくなるなんて凄いじゃないですか\(◎o◎)/

さつまいも・・・恐るべし!!(^◇^)

さらに、美味しいだけではなく栄養的にも優れた食品なんです。

特に注目されるのは、ビタミンCが多いんですよね。これはみかんに匹敵するほどの含有量を誇っています。また、食物繊維がイモ類の中では1番多く含まれています。

美味しくて体にもよく毎日でも食べたい・・・そんなさつまいもなんですが、ひとつだけ気になることがあります・・・。

食べた後に必ずと言っていいほど出てしまうオナラ!?

絶対、経験したことありますよね(^o^;)

どうしてさつまいもを食べるとオナラが出やすくなるんでしょうか?・・・その秘密はさつまいものデンプンにあります!

スポンサーリンク

腸内で消化しきれなかったデンプンは、吸収されずに腸内細菌の栄養源となります。腸内細菌によって分解される時に腸内ガスが発生するのでオナラがでちゃうんですね~。

でも、みなさん気にしてはいけません!

さつまいもは腸の中の善玉菌のエサになるんです。その善玉菌が分解の時に発生させるのは、においがほとんどない二酸化炭素やメタンなので、オナラはあまり臭くないんです!

しかも、さつまいもを皮ごと食べると、消化にかかる時間を短縮してくれて、オナラが増えるのを防いでくれるらしいです。

でも、せっかく出るオナラです!無理に我慢せずに、さつまいももおならも両方を楽しむ気持ちでいたいですね(^_^)

スポンサーリンク