みなさん、「ハイビーム論争」って聞いたことはありますか?

最近いろいろと話題になってるみたいなんですが、簡単に言うと車のヘッドライトはハイビームとロービームのどちらが基本か?・・・と言うことでしょうか?(^o^;)

「夜間の対人交通事故の96%でヘッドライトがロービームだったので、ハイビームで走ろう」 という報道がきっかけみたいですね。

自分的には基本はどう考えても「ロービーム」と思っていました・・・だって、普通にハイビームで走ってたら、まわりや対向車がまぶしくて迷惑ですよね~。

スポンサーリンク

それに、後ろの車がハイビームで走ってたら煽られてるみたいで嫌な気持ちになりますよ(^^;)

だからハイビームが基本なんて考えられない!・・・と、思ったのですが・・・どうもそうでは無いみたいなんです!!

 

まず、ハイビーム・ロービームの正式名称を知ってる人は少ないと思うんですが・・・

ビックリしないでくださいね!?

ハイビームは「走行用前照灯」!!  ロービームは「すれ違い用前照灯」!!!

ええええ~~~~~!!!??? まじっすか~~~?!\(◎o◎)/

自分でビックリしてしまいました(^o^;)

スポンサーリンク

それに、照射距離は、ロービームは前方40m、ハイビームがその倍以上の前方100m先を照らすことができるものと定められています。

つまり、ハイビームは照射範囲の広さや「走行用前照灯」という名称等からも通常の走行を想定したライトと考えられているらしいです(@_@;)

いや~知らなかったですよね・・・ちなみに、ロービームは対向車や前走車が存在する場合に使用することとされています。

基本はハイビームだったのか?!・・と驚きましたが、都道府県によってはそれが当たり前になってるところもあるみたいですね。

ただ、街中を走る時って、たいてい対向車や前走車がいると思うんですよね~結局、ほとんどロービームで走ってる気もしますし、ハイビームを使う時って暗い郊外や山道くらいかなと(^^;)

でも、実際にはハイビームとロービームの両方共に絶対必要ですし、上手く使い分けて事故の無いように安全運転を心がけたいと思います(^_^)

スポンサーリンク