こんばんは。だが断らない!の管理人 シンジです。

 

 

今まさに日本を・・・いや世界をざわつかせている事と言えば・・・

 

 

オーストラリア・メルボルンで開催されている 「全豪オープン」のダブルスで、

日本人ペアがベスト4に入ったと言うニュースがあります!

 

 

日本女子ペアでの全豪4強は史上初の快挙なんですが、

もし決勝に進むと、日本女子同士のペアでは4大大会初の快挙となります。

 

 

これはすごい!もう応援するしかないですよね!

 

 

そしてこのベスト4に入った日本人ペアが、穂積絵莉さん加藤未唯さんです。

 

 

今回はテニス界期待の星、

穂積絵莉さんについて書いてみたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

穂積絵莉さんのプロフィールとは?

 

  • 名前:穂積絵莉(ほづみえり)
  • 生年月日:1994年2月17日
  • 身長/体重:168cm 60kg
  • 出身校:平塚市立なでしこ小 – 平塚市立浜岳中 – 湘南工科大付属高 - 鹿島学園高卒
  • 所属:橋本総業ホールディングス

ジュニア時代から確かな実績を積み重ね、プロ転向後も2013年に全日本を制するなど、着実な進化を見せ続けている。

安定感を備えたストロークと状況に応じた展開力を軸に、ネットプレーも交えた硬軟自在のテニスが持ち味。

その柔軟なプレーはダブルスでも遺憾なく発揮され、フェドカップでは単複でフル回転する貴重なバイプレーヤーとなっている。

 

WTAランキングの自己最高位はシングルス144位、ダブルス44位です。

今回の全豪オープンベスト4でもっとランキングもアップするでしょうし、

決勝まで進めばさらに上に行けるのではないでしょうか!

 

 

穂積絵莉さんは3歳の時に両親祖父母がテニスをしていた為、

一緒にプレーできる様にと藤沢にある荏原SSCに入校するんですが、

本人が全く興味を示さず1ヶ月で退校してます。

 

 

その後、両親祖父母が休日を地元の湘南平テニスクラブで過す事が多くなり、

いつもコートの外で遊んでいたんですが・・・突然『スクールに入りたい!』と言い出し入会します。

 

 

これをキッカケに、8歳で茅ヶ崎のパームインターナショナルテニスアカデミーに入校し、

メキメキと頭角を現してきます。

 

 

12歳で初の全国大会優勝。

15歳でインターハイ優勝。

16歳で世界大会 日本代表選手に選ばれる。

17歳でプロへ転向。

 

ざっくりと見ましたが、すごい戦歴です!

そして今回の全豪オープンベスト4!

まさに世界に通用する選手になってますよね~

 

スポンサーリンク

杉山愛さんとの関係は?

 


実は穂積絵莉さんはプロになる前から、憧れの選手は杉山愛さんだと話しており、

目標は「杉山愛さんを超えること」と仰ってます。

 

 

そして、杉山愛さんの母親である杉山芙沙子監督に指導を受けていています。

 

 

実は、8歳の時に入った茅ヶ崎のパームインターナショナルテニスアカデミーを設立したのが、

杉山愛さんの母親である杉山芙沙子さんなんですね!

 

 

その関係で杉山愛さんとも幼いころから交流があったでしょうし、

その姿を見てきて憧れの選手であり、目標でもあるんだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 穂積絵莉さんの使用ラケットは?

穂積絵莉さんのテニスラケットが気になりますよね~

 

ラケットは2015年に「HEAD Japan」と契約していて、

HEAD Instinctと言うラケットを使用しています。

 

「軽くポンって打っただけですごい良い球が飛んでいって、HEAD良いなって思っていました。」

と仰ってるくらいなので、HEADのラケットとの出会いは運命だったんでしょうね!

 

 

 

さて、いよいよ全豪オープン準決勝は日本時間で25日の13時から試合が始まります。

 

この試合は目が離せませんね!

全力で応援したいと思います!

 

 

穂積絵莉さんのパートナー加藤未唯さんの記事はこちらです。