こんばんは。 だが断らない!の管理人 シンジです。

 

 

僕には息子が1人いるんだけど、

もうすぐ1歳になります。

 

 

最近では、わずかに1mくらいですが歩けるようになってきてます。

たった1年でここまで成長するんやな~・・・

 

 

寝てるだけの状態から、寝返りがうてるようになり、

はいはいが出来ると思ったら、掴まり立ちが出来るようになる。

そしてついに歩けるようになるんやね!

 

 

知らない間にどんどん成長する姿に感動を覚えるんだけど、

今のままでもいいのになって気持ちもどこかにありつつ・・・

 

 

なんか不思議な気持ちですね~

でも、周りの人から話を聞くと「これからますます可愛くなってくるよ」

なんて言われるんで、それはそれで楽しみですね!

 

 

さて、赤ちゃんを授かったら母子手帳を使うことが多いと思うんですが、

母子手帳を使うのってたいてい小学校に入学するまでですよね。

 

 

ところが「20年をつづる母子健康手帳」という手帳が予約殺到で話題になってるんです!

 

 

スポンサーリンク

 

20年をつづる母子健康手帳とは?

 

母子健康手帳とは妊娠中の注意事項が書かれていたり、産院や病院で検査記録(妊婦健診の検査結果、胎児の成長の様子、出産日時や分娩経過、産後の検査結果、先天性異常の検査結果、赤ちゃんの健診結果、予防接種の記録などなど)を記入したり、妊娠中も産後も長くお世話になる手帳なのです。

 

 

 

多くの場合は自治体でもらえたりする母子健康手帳なんですが、

20年をつづる母子健康手帳親子健康手帳普及協会と言うところが発行してるみたいですね。

「20年をつづる母子健康手帳」は、子どものためではなく、お母さんやお父さんのための機能も満載。妊娠・出産・育児に必要な知識や対処法はもちろん、父親が子育てに参加するための注意点や、児童虐待を防止するための方法など、育てる側にも配慮した内容が盛り込まれている。メッセージ欄も用意されているので、子どもが20歳を迎えた時に渡すことができるようになっているなど様々な工夫が。

 

 

 

その特徴は6つあります。

 

20歳までの記録をつづる

20年の既往歴や使用した薬の記録

 

次世代へつなぐ記録やメッセージ

 

ワクチンに関する情報の充実

 

子育てに参加する父親の役割とは?

 

時流の沿った情報を記載

 

 

20年後に我が子が二十歳になった時にプレゼントしたいって声もあるみたいです。

ただ、20年間記録を続けるのって結構大変とちゃうんかな~・・・

よっぽどマメな人じゃないと無理かもですね~

でも、節目節目に記録やメッセージを書き記しておきたい人には良いかもですね!

 

 

ツイッターでも欲しい人が呟いてますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

20年をつづる母子健康手帳の購入方法は?

 

実は予約殺到で入手困難と言われてたんですが・・・

日本に住む人や自治体からも利用したいという問い合わせが入ったことをきっかけに、2月からは個人で購入が可能になる予定になっていた。しかし、そのあまりの反響の大きさに、ネット上で販売代行をしている「風間書房」では販売を一時的に休止。注文予約さえも休止しているという状態だ。今までにない画期的な試みの母子手帳だが、日本で使えるようになるのはもう少し先になるかもしれない

 

 

 

でも、再び予約を再開したそうです!

親子健康手帳普及協会が日本で初めて妊娠期から20年を記録できる母子健康手帳を作成しました。

風間書房にて販売代行しています。

※2017年1月16日に2017年改訂版の予約注文を再開しました※

2月初旬以降、出来次第随時発送となりますので、ご了承くださいませ。

小社の刊行商品ではないため、書店(ネット書店含)では販売しておりません。

 

 

風間書房さんのHPから購入が可能です!

 

価格1冊400円(ビニールカバー付) 送料手数料130円 合計530円

2冊以上ご希望の方は、530円×ご希望の冊数 でお求めいただけます。

 

 

 

 

入手困難になるほど人気の20年をつづる母子健康手帳!

せっかく予約を再開したんで、僕も1冊買ってみようと思います!

 

スポンサーリンク