今年も残り10日となりました。

 

年末の大掃除に向けて少しずつ片付けて行かないとなぁと思う今日この頃です。

 

片付けをしていると、いつも「お宝でも出てこないかな~」なんて思ってしまうのですが・・・今日、放送の「開運!なんでも鑑定団」で国宝級のお宝が発見されたらしいのです!

 

 

その名も「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」!!

スポンサーリンク

 

 

国宝級のお宝、曜変天目茶碗とは?

 

漆黒の器で内側には星の様にもみえる大小の斑文が散らばり、斑文の周囲は藍や青で、角度によって虹色に光彩が輝き、「器の中に宇宙が見える」とも評されるらしいです。

 

 

確かにすごく綺麗で独特の模様を見入ってしまいますよね~。

 

しかも、この曜変天目茶碗は世界に3点しか存在しないと思われていて、そのすべてが日本にあり国宝に指定されているみたいです。

 

 

その3点は、

●静嘉堂文庫蔵

●藤田美術館蔵

●大徳寺龍光院蔵

に保管されているようです。
 

 

 

そんなすごいお宝を持って来た人はどんな方か気になりましたので、調べて見ました。

 

スポンサーリンク

 

 

国宝級のお宝を持ってきた方は徳島県のラーメン屋の主人!

 

 

依頼人は徳島県にあるラーメン屋「巽屋」のご主人で、お名前は橋本浩司(ひろし)さんとおっしゃいます。

 

橋本さんが曜変天目茶碗を手に入れた経緯は、曾祖父が戦国武将「三好長慶」の子孫の家の移築作業を請けたとき、そこにあったお宝をいくつか買ったそうです。

 

 

曜変天目茶碗はその中の一つでした。

 

 

橋本さんは父からそのお宝を受け継いだのですが、興味がなく長年ほったらかしにしてたみたいです。

 

でも、、まさかそれが国宝級のお宝とは思いもしないですよね~。

 

 

この幻の4点目の曜変天目茶碗発見に、鑑定士の中島誠之助さんも大興奮だったみたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

気になる曜変天目茶碗の鑑定結果は!

 

そして気になる鑑定額は・・・・2500万円!!!

 

 

さすが国宝級のお宝ですね!

 

2500万円でも十分すごいんですが、正直な話・・・もう少し上を行くと予想してしまってました~。

 

 

ちなみにネットの反応は、

みなさん、興奮と感動で盛り上がってますね!

 

 

 

ちなみに、このラーメン巽屋さんは味が美味しくて有名みたいなのですが、明日からは別の意味でもっと有名になって、お客さんが殺到しそうですね。