こんばんは。だが断らない!の管理人 シンジです。

 

 

2010年くらいから日本では空前の猫ブームが巻き起こってるって知ってました?

猫を扱った映画や雑誌はもちろん・・・

今では、猫カフェに猫寺や猫島まで出てきてます。

 

メディアだけでなく、観光業にまで猫ブームが浸透してきてるんですね~

確かに、あの愛くるしい姿を見てると癒やされますし、

ペットとして飼いたいなって思いますよね。

 

そんな猫ブームの立役者の一人と言われている方がいます。

その人の名前は・・・岩合光昭(イワゴウ ミツアキ)さん

 

岩合光昭さんが撮った猫の写真集や写真展はすごい人気で話題になっています。

 

今回は、そんな岩合光昭さんについていろいろと探って行きたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

岩合光昭さんのwikiプロフィールは?

 

  • 名前:岩合光昭(イワゴウ ミツアキ)
  • 生年月日:1950年11月27日
  • 年齢:67歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 身長:170cm
  • 出身大学:法政大学経済学部

 

岩合光昭さんは、大学在学中の1970年に動物写真家である父・岩合徳光さんとともにガラパゴス諸島を訪れます。

そこで、あまりの自然の美しさに感動し、卒業後に動物写真家として活動を始めます。

 

それからは、世界中のあらゆる地域をフィールドに野生動物や大自然を撮影し続けて、

独特の色とコントラストを持つ作品は、海外メディアからIWAGO’S COLORと賞賛されたこともあるそうです。

 

ナショナルジオグラフィック誌をはじめとする海外のメディアでも数多く特集されてますし、

野生動物だけでなく身近な動物であるイヌ、ネコも撮影し続けており、数多くのファンを獲得しています。

 

 


 

スポンサーリンク

 

岩合光昭さんと猫との出会いは?

 

岩合光昭さんは、世界中のネコを撮り続けているんですが、

そのキッカケは何だったんでしょうか?

 

猫との出会いは・・・初めて間近に見たのは高校生になってからだそうです。

ただ、その印象が非常に強烈だったらしく、友達の家に遊びに行ったら28匹もネコがいたとか?!

 

そのうちの一匹を友達が肩に抱き上げながら見せてくれると、

手を伸ばせば届くような距離でネコを見た瞬間に「すっごい動物だな!」と、

かわいいを超えて、その魅力というか魔力にハマってしまったらしいです。

 

まさに、運命の出会い!

ビビビ!って来たんでしょうね~

 

それから、大学生になって猫を飼い始め、

その猫の写真を撮るようになったそうです。

 

そこから、まさに動物写真家の道が始まった訳で、

猫との運命的な出会いがなければどうなっていたか分かりませんよね。

 

猫が導いてくれた運命というところでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

岩合光昭さんの猫の写真展や写真集は?

 


岩合光昭さんが開催してる猫の写真展や、

猫グッズについて紹介してみたいと思います!

 

 

岩合光昭写真展「ねこの京都」

  • 2017年
    5月3日(水)~ 5月15日(月) 日本橋三越本店
    5月18日(木)~ 6月4日(日) ジェイアール京都伊勢丹 美術館「えき」KYOTO
    8月2日(水)~ 8月14日(月) 札幌三越
    8月9日(水)~ 8月21日(月) そごう横浜店

 

岩合光昭ミニ写真展「ねこ歩き 日本編」

  • 2017年
    5月26日(金)~ 6月13日(火) 岡島百貨店(山梨県)

 

写真展の詳しい内容はこちらのHPで確認できます。

 

 

岩合光昭さんの猫の写真集は楽天で購入出来ますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ブームの第一人者と言われる岩合光昭さん

まだまだ猫ブームは続いていきそうですよね~

今後も岩合光昭さんの写真展やその動向をチェックして行きたいと思います。