こんばんは。だが断らない!の管理人 シンジです。

 

 

プロ野球における伝説の選手と言えば、

長嶋茂雄さん王貞治さんなどの名前が浮かぶと思いますが・・・

 

珍プレーにおける伝説の選手と言えば、古木克明さんが有名ですよね。

名珍プレーヤーでありながら、絶対にあきらめない男の異名を持ちます。

 

そんな、古木克明さんの人生が波乱万丈だと話題になってます。

一体、どんな事があったのか?また、現在はどうなっているのか?

 

今回は、古木克明さんについていろいろと調べて行きたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

古木克明さんのプロフィールは?

 

  • 名前:古木克明(ふるきかつあき)
  • 生年月日:1980年11月10日
  • 年齢:36歳
  • 出身地:三重県松坂市
  • 身長:182cm
  • 体重:85kg
  • 出身高校:豊田大谷高等学校

 

古木克明さんは、1998年のドラフト1位で横浜ベイスターズに入団します。

いきなりドラフト1位という事で、当時はかなり期待をされたんでしょうね~

 

2002年にシーズン後半から打撃で頭角を現し、

翌2003年には開幕サードで起用されるなど期待をされてました。

 

しかし、本塁打は22本と量産しましたが打率が低く、

打撃でも守備でも粗い面が目立ちました。

 

2004年には外野に転向するも、その守備の危うさからレギュラー奪取までは到らず、

代打での出場が多くなります。

 

2007年には、オリックス・バファローズへトレードで移籍。

外野の他、再びサードも守るようになるが一軍での出場機会には恵まれず、

2009年10月3日に戦力外となりました。

 

そして、トライアウトに参加するも獲得球団は無く、現役を引退されます。

 

 

その後、2009年12月8日に格闘技の新団体「スマッシュ」に入団することが発表されました。

まさかの格闘技への転身!当時はかなり話題になってましたよね!

 

本人曰く「野球に未練はない、世界を代表する格闘家を目指したい」と意気込みを語ってました。

 

そして、2010年大晦日の「Dynamite!!」で格闘家デビューをし、

アンディ・オロゴン選手に敗れたものの善戦しました。

 

しかし本人はこの試合で「命の危険を感じた」らしく、

翌年4月に格闘家として初勝利を挙げますが、そのすぐ後に格闘家を引退します。

 

 

格闘技を引退した後は、再び球界復帰を目指して野球の練習を再開します。

2013年に渡米し独立リーグのハワイ・スターズに入団。

約4年ぶりの現役復帰を果たし、主力打者として活躍されます。

 

そして、2013年のシーズン終了後に、ひっそりと現役を引退されます。

 

 

スポンサーリンク

 

古木克明さんの現在は?

 

古木克明さんは、今は野球教室での指導をされてます。

 

格闘家時代からお世話になっていると言う「茅ケ崎のハヤシスポーツクラブ」で、

週に4日、茅ケ崎と鵠沼海岸で小中学生の子供たちを指導しているそうです。

 

 

野球少年の練習を個人的に見てあげていたのがきっかけで、

野球打撃クリニック』として個人指導も行っているそうです。

 

生徒は20人くらいいるらしいのですが、

こちらの収入はまだほとんどゼロみたいですね。

 

 

そんな、古木克明さんの年収は・・・「400万円くらい」だそうです。

 

主な収入源は、ネット放送の解説やイベントらしく、

まだ野球の道で稼ぐのは難しいみたいですね。

 


 

 

スポンサーリンク

古木克明さんの元嫁とは?

 

古木克明さんは2005年7月に結婚されてたんですが・・・

残念ながら、7年後の2012年に離婚されてます。

 

その、元嫁と言うのが、モデルの池端忍さんだったんですね!?

 

めちゃくちゃ綺麗な方ですよね~

勿体無い!!

 

池端忍さんは、現在は子どもと富山県の実家に在住し、

地元の富山を中心にモデルやタレント活動を行っているそうです。

 

女の子のお子さんがいるみたいですね。

 

 

離婚の理由は、夫が球界復帰への挑戦に集中できるようにと、

池端忍さんが長女と共に実家に帰り別居生活をしていたそうなんですが・・・

 

なかなか先が見えない不安や今後の生活の事を考えて離婚をしたと言われています。

 

実際はどうなんですかね・・・

いろいろと揉めることもあったのでは無いでしょうか・・・

 

これは夫婦にしか分からない問題ですよね。

 

 

でも、今はお互いがそれぞれの目標に向かって頑張ってますので、

今後も応援して行きたいと思います!