こんばんは。だが断らない!の管理人 シンジです。

 

 

いよいよ、3月19日(日曜日)から第89回選抜高校野球大会が行われますね。

 

いろんな強豪高校が揃っていますが、

その中で、やはり注目されているのは・・・早稲田実業清宮幸太郎選手ですよね!

今大会もどれだけホームランを打つのか楽しみです。

 

 

でも、今回の早稲田実業には清宮幸太郎選手に負けず劣らず凄い選手がいるんです!

その人の名は野村大樹選手

 

まだ1年生なんですが、

あの清宮幸太郎選手を差し置いて4番を任されるほどの逸材なんです!

 

一体、どんな選手なんでしょうか?

今回は野村大樹選手についていろいろと調べてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

野村大樹選手のwikiプロフィールは?

 

名前:野村大樹 (のむら だいじゅ)
生年月日:2000年9月10日
年齢:16歳
出身地:兵庫県宝塚市
身長:172cm
体重:80kg
中学:同志社中学
 投打:右投右打
ポジション:捕手 内野手

 

野村大樹選手は、早稲田実業では1年生の夏からいきなり

4番、三塁手のレギュラーとして起用され公式戦に出場されてます。

 

公式戦のでてから、昨年11月の明治神宮大会までに23本の本塁打を放ち、

清宮幸太郎選手の放った1年生時の通算本塁打数22本を超えました。

 

身長は172センチと体は大きくはないんですが、体重が80kgとがっしりとした体格で、

広角に力強い打球を飛ばせるパワーの持ち主です。

 


 

スポンサーリンク

 

 

 

野村大樹選手はどこのリトルシニア?

 

野村大樹選手は宝塚小学校1年生の時に軟式野球を始めて、

卒業後の同志社中学校の時には、

大阪福島リトルシニアと言う硬式チームに所属していました。

 

2年までは主に三塁手を務め、4番としてチームを全国3位に導きました。

3年からは捕手も務めていたみたいですね。

 

 

大阪福島リトルシニア中尾学監督野村大樹選手について

バッティングはずば抜けていて、打率8割、本塁打も30本は打っていた。

守りではキャッチャーで、捕球してから投げるまでが早かった。

眉毛が太く、今の子みたいに、剃って細くしたりしない。

漫画『ドカベン』の山田太郎の右バッター版ですかね

と言ってました。

 

 

監督の指導方針が、

多くの人々から信頼される人間 ・野球人になる。

野球を通しての人間力向上が一番の目的であるという強い信念のもと

「野球部のレギュラーになる前に、学級・学年・学校のレギュラー(リーダー)になれ」

を念頭においています。

また技術面では基本に忠実な高校野球レベルでも通用する様な野球人育成に努めています。

引用:公式ブログ

と、言うことで、野球だけでなく人間的にも成長できる環境なんですね。

 

野村大樹選手もここで野球と同じくらい人として成長出来たからこそ、

今の活躍が有るのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、野村大樹選手は、U-15の日本代表に選ばれて、5番ファーストで出場されています。

やはりその頃から、凄い選手だったんですね~

 

 

スポンサーリンク

 

ドラフトはどこへ?

 

野村大樹選手はもうすでにドラフト候補と言われています。

当然、まだ何も決まってないのですが、

早くもプロのスカウトが目をつけています。

 

 

中日ドラゴンズのスカウトは、

勝負強いし、思い切りもいい。清宮の後ろにいるとやっかい」とコメントしてます。

 

別のスカウトも、

選球眼がいいし、ボールを引きつけて捉えられる。

逆方向に打球を飛ばせる選手はなかなかいない。

2年後のドラフト候補に入ってくる素材

と、言ってます。

 

幾つもの指名が入るのは間違い無さそうですね。

今から見に来てる中日ドラゴンズは指名が来ると思いますよ!

 

でも、出身は兵庫県と関西地区なんで、

阪神タイガースやオリックスバファローズにも入って欲しいですよね~

 

 

2年後のドラフト会議では野村大樹選手の指名数も話題になりそうですね。

今から楽しみです!